乾燥した時期の背中にきび

乾燥した時期の背中にきび

乾燥した状態が長期間続くと、肌がカサカサしてきて頭皮からはフケがでてきます。

 

これは肌が乾燥したことによって角質がはがれ落ちている状況です。

 

この時に皮膚のトラブルが続いてしまうことがあります。

 

特に乾燥した時期に背中にきびが出来てしまう人は、角質の除去がうまくいっていない可能性があります。

 

残った角質の毛穴に皮脂の脂が残ってしまう事により、雑菌が繁殖して背中にきびの状態になります。

 

背中の部分なので細かなチェックが出来ずに気がつかないでいる事もあるため、寒い時期であったとしても鏡で体をチェックする習慣は必要なのです。

 

にきびは背中だけでなく、胸周辺や首筋にも出来る可能性が高くなります。

 

このように広範囲ににきびが出来てくると、明らかにビタミン類やその他のミネラルが不足している状態と考えられる為、食生活の改善を試みます。

 

ビタミン類が多く含まれている緑黄色野菜を始め、緑色の葉野菜を多めに摂取する習慣が有効です。

 

煮込み料理や煮付けなどにほうれん草などの野菜を入れる習慣にし、納豆などを食べて大豆食品を補給する習慣も有効です。

 

また、果物の柑橘類などを補給してビタミンCやクエン酸などを摂取する習慣も、にきび対策には有効な事なのです。

背中ニキビへのケアでできること

 

ニキビはニキビでも、背中にできちゃうニキビって結構あるんですよね。

 

個人的に背中ニキビってケアしにくいなぁっていつも思っちゃいます。

 

そもそも、手の届かないところがありますからね。

 

彼氏とか旦那さんに洗ってもらったりするしかないのかな?なんて思ったりもします。

 

まずは入浴時とかに背中をキレイにするっていうのが大事なのかなって感じです。

 

タオルでも水気をしっかりとるとかね。

 

どうしても高温多湿傾向にある日本では水気があると背中ニキビってできやすい感じがします。

 

あとは、背中に触れるものに気を配る必要があるのかな?と。

 

衣類とかも清潔にしたり、刺激が少ないコットンのものがいいとかいいますよね。

 

ポリエステル系のものを避けるっていうのも大事なのかなって思います。

 

意外と見落としやすいので、ベッドリネンとかでしょうか。

 

リネンはちゃんと清潔なものを利用するべきです。

 

お布団もできる限りこまめに干す必要あり。

 

そうすることで、雑菌とかの繁殖を防げるので背中ニキビも減るはずです。

 

女性は気持ちの良いものや肌触りの良いものを選ぶ能力が男性よりも高いので、シーツとかもお気に入りを見つけると良いと思います。

 

清潔感を保つことで精神的なストレスも減り、ぐっとニキビもできにくくなるかなって思います。